発注者: 株式会社ステラ環境
履行期間: 2016年9月~2016年10月

概要

本調査の対象国であるネパールでは、近年の急速な人口増加や生活様式の変化に伴い、一般・産業・医療廃棄物の発生量が著しく増加しており、特に医療廃棄物の中の感染性廃棄物の適切な処理が急務となっている。本調査では、医療廃棄物処理設備の未整備により、二次感染や環境汚染リスクが高いカトマンズ盆地の病院に対し、当社焼却炉を普及させるにあたり、現地調査を通じて現地製造と普及に向けた課題の抽出・解決策につき検討を行った。

病院敷地内で野焼される医療廃棄物 (国立ティーチング病院/病床数444床)

病院敷地内で野焼される医療廃棄物
(国立ティーチング病院/病床数444床)

老朽化した炉も現役で使用 (国立パタン病院/病床数450床)

老朽化した炉も現役で使用
((国立パタン病院/病床数450床)

NU-100B型炉

NU-100B型炉