2019年5月6日、「アルメニア国消防機材整備計画」の機材引渡しを記念し、同国の消防活動をテーマとした記念切手が発行されました。本計画は日本の無償資金協力によるもので、アルメニア国の対象3地域(シラク地方、ロリ地方、シュニク地方)に対して消防自動車等の機材が配備されました。

記念切手シート(左)記念切手シート(右)
切手発行の調印式典の様子  

調印は同国首相(写真中央)、運輸情報通信省大臣(右から2番目)、非常事態省大臣(右端)及び在アルメニア国 日本国特命全権大臣 山田淳氏(左から2番目)、HayPost CJSC理事長(左端)が行った。

(出典:Haypost HP https://haypost.am/en/1557150893)

弊社は、本プロジェクトにコンサルタントチームとして従事し、現地調査、機材調達、トレーニングなどを行ってきました。本プロジェクトにより、アルメニア国民の生命や財産が保護されることを望んでいます。