本事業の第1次では、首都ドゥシャンベ市内の国立医療センターおよび産科婦人科研究所に太陽光発電システムが導入されました。今般、第2次として同じくドゥシャンベ市内の第一産科病院へ太陽光発電システムが導入され、6月11日に完工式が行われました。

本事業による太陽光発電システムの導入は、タジキスタン政府が進める再生可能エネルギーの活用促進を支援し、気候変動対策に貢献するものです。

完工式での日本大使スピーチ第一産科病院に設置したシステム

 

また、本事業の完工時期に合わせて、再生可能エネルギーに対するタジキスタン政府関係者の一層理解を深めるため、太陽光発電に関するセミナーも開催されました。

太陽光発電セミナーの模様