発注者:独立行政法人 国際協力機構(JICA)
履行期間:
(準備調査)2013年6月~2014年2月
(詳細設計)2014年5月~2015年1月
(施工監理)2016年2月~2018年11月
概要: 東ティモール国首都ディリ市を流れるコモロ川を横断する橋梁は現在1橋しかなく、時間帯により著しい渋滞が発生しています。また、今後の需要予測によれば交通量は大幅に増大する見込みです。 このため、本計画では、現況の上流側に新たな橋梁(二車線及び歩道、橋長約250メートル)、アクセス道路(二車線及び歩道、整備延長約3キロメートル)を建設し、市内交通の分散化による渋滞の軽減を図り、東西のアクセス効率化および運輸セクター強化による経済活性化および強靭化に寄与します。 アンジェロセックは、大日本コンサルタント株式会社、いであ株式会社と共同企業体を結成し、2014年の準備調査から引き続き、詳細設計、入札図書作成・入札補助、施工監理業務を担当しました。 同橋梁は、東ティモール政府により“ Ponte HINODE(日の出橋)”と命名され、今後、両国の友好関係が更に深まることが期待されています。


着工前:コモロ川新橋

着工前:アクセス道路

完了時:コモロ川新橋

完了時:アクセス道路

完成したコモロ川上流新橋(下流側を見る)