発注者:独立行政法人 国際協力機構(JICA)
履行期間:2011年5月~2012年3月
調査内容

チュニジア国では、上水の供能力向上とともに下水道設備の向上も目指しています。

この下水道を所轄している下水道公社ONASを実施機関とする円借款事業を念頭において、チュニジア北部及び中部3県5都市の下水処理場(タバルカ、ベジャ、ジェンドゥーバ、メジェズ・エル・バブ及びシリアナ)の拡張・リハビリ、およびこれらの下水処理場がカバーしている周辺10県59コミューンの下水道管渠の改修・拡張計画に係るF/S準備調査を実施しました。

この調査において、設備仕様、コスト積算、環境評価、経済性分析、プロジェクト実施計画等を行なうとともに下水処理場に由来する温室効果ガスの削減に係る可能性についても調査しました。

チュニジア国水環境改善事業準備調査(継続中)
下水道管現状調査


ジャンドゥーバ下水処理場