発注者:独立行政法人 国際協力機構 (JICA)
期間:2017年6月~現在
概要:対象橋梁は、キルギス国北西部とカザフスタン国を繋ぐ「タラス-タラズ道路」のタラズ側から82km地点に位置しています。対象橋梁は、損傷が激しく、別プロジェクトで実施した橋梁点検で、架け替えの緊急性が高い橋梁のうち、交通ネットワーク上の重要度が高い橋梁と判断されました。また、2016年6月15日には、河川流量の増加により更なる鋼管橋脚の流出・傾斜が発生し、一時橋梁は通行止めとなりました。アンジェロセックは河川調査、架け替え橋梁の計画及び概略設計を実施しました。(株式会社 片平エンジニアリング・インターナショナルとJVによる実施。)

対象橋梁 (遠望)

対象橋梁 (近傍)

対象河川と橋梁の調査

地方事務所での打合わせ